Report レポート

レポート美術1floor2017

《1floor2017》菊池和晃ワークショップ・レポート

1floor2017「合目的的不毛論」出品作家が講師となり行うワークショップ、
第二弾『ゴミで理想のゴミを作る』を12月3日(日)に開催しました。
拾ったゴミを自分たちの理想のゴミにつくり変え、最後は分別して捨てるという一風変わったワークショップの講師は菊池和晃さん。

 

 

まずは材料となるゴミを探しに新開地のまちを歩きます。

 

 

人によって拾うゴミが全然違っていて興味深いです。
中でも『ま』という大きな看板文字には全員が衝撃を受けました。

 



 

理想のゴミへつくり変えられていくゴミたち。

 


 

出来上がった理想のゴミを並べて、プレゼンも行いました。

 

 

そんな理想のゴミも最後は分別して捨てられます。

 



 

「新開地のゴミはこうあってほしい」「このゴミの本来の用途はこうだったのではないか」など、
ものづくりにそれぞれの考え方が反映された面白いワークショップでした。

(KAVCアシスタントH.A)

この記事をシェアする