Information お知らせ

お知らせ

KAVCホール・施設使用料半額減免(芸術文化公演再開緊急支援事業)のお知らせ

神戸アートビレッジセンター(KAVCホール)は、兵庫県・神戸市による「芸術文化公演再開緊急支援事業」の対象施設として、下記の通りKAVCホールの施設使用料半額免除を実施いたします。

<神戸市の記者発表より一部抜粋>
新型コロナウイルス感染症対策として様々な方策が講じられるなか、芸術文化公演等の開催にあたっては、感染予防に対応した座席での対策が求められており、収容人数の制限により舞台芸術活動の再開に影響が及ぶことが懸念されています。
そこで、適切な感染症防止対策を講じながら劇場・音楽堂等で舞台芸術活動を再開する取組を支援するため、兵庫県・神戸市の連携のもと、施設使用料(附帯設備使用料を除く。)を1/2に減額し、減額した施設使用料は施設に補填します。
利用者に施設を半額で利用いただくことで、芸術文化活動の早期の復興と飛躍につなげていきます。
・記者発表:https://www.city.kobe.lg.jp/a36708/173413128939.html
・詳細:https://www.city.kobe.lg.jp/a36708/kanko/bunka/gejutsu/saikai_shien.html

「KAVCホール・施設使用料半額減免」制度のご案内(PDF)

【9/30更新】このたび、「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」((公社)全国公立文化施設協会)が9 月18 日付けで改正され、9 月19 日以降、公演によっては収容定員までの配席数とすることが可能となる等見直しがありました。本事業については、9 月19 日以降も、改正されたガイドラインを遵守し実施される公演は、これまでどおりの率(利用者負担1/2)で助成を行うこととしておりますので、お知らせいたします。申請書・報告書の様式が一部変更となっております。

1.対象者
対象となる公演等を実施する団体または個人

2.対象公演等
以下の要件をすべて満たす公演と、公演と同一施設内にて実施される公演に伴う練習

(1)期間

令和2年7月1日(水曜)から令和2年12月31日(木曜)

(2)内容

実演により表現される音楽、舞踏、演劇、古典芸能、演芸その他の芸術及び芸能の公演(「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス他感染拡大予防ガイドライン」(令和2年5月25日(公財)全国公立文化施設協会)を遵守して実施されるもの)

※映画上映会や講演会、研修会は対象外
※練習のみの使用は対象外
※公演に伴い使用するリハーサル室や控室は対象外

3.申請方法
①所定の申請書を記入し、KAVC4階事務所へ提出してください。(メールでの提出も可)
②施設から市に申請書を送付し、支援対象となるか市で審査を行います。審査結果は市から施設にお知らせし、施設から利用者へお伝えします。
③公演終了後に、所定の報告書を記入して施設へ提出してください。

KAVCホール申請書(PDF)【9/30更新】
KAVCホール申請書(Word) 【9/30更新】

KAVCホール報告書(PDF)【9/30更新】
KAVCホール報告書(Word) 【9/30更新】

記入例:https://www.city.kobe.lg.jp/documents/35620/sinseisyo_kinyuurei.pdf

申請書と報告書は施設の窓口でも用意しています。

4.お問い合わせ
神戸アートビレッジセンター
TEL:078-512-5500 / FAX:078-512-5356
MAIL:kashikan@kavc.or.jp

開館時間:10:00〜22:00 休館日:毎週火曜日(祝日場合は翌日)
指定管理者:(公財)神戸市民文化振興財団

この記事をシェアする

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿