Events イベント情報

演劇・ダンスチケット販売中

– 東日本大震災で失われた故郷に捧げる-
海辺のまちの、ちいさな家族の物語
朗読公演『ファミリーツリー』

KAVCホール 共催

宮城から神戸へ-
東日本大震災で失われた故郷に捧げる
海辺のまちの、ちいさな家族の物語

季節は東北の遅い春、とある海辺のまちのこと
海を望む日和山には一本の桜がありました…
全編が宮城の言葉で書かれた、ある家族のおはなしです

 

「相澤くんの実家、津波で流されたんだよな」
東京で働く職場の上役が初対面の人にそう紹介する。話のネタだ。
「はい、もうきれいさっぱり流されました。家族は無事でしたし、今は内陸のほうに引っ越して元気に暮らしてます」
俺はその場の空気を壊さないように笑顔で答える。こんなの嘘だ。
ちゃんと話したい。あれから何を考えて、どう変わったのか、何が変わってないのか。
あの日から9年。神戸は25年。
あの揺れは今もまだ私を揺らし続けている。

作・演出 相澤一成

 

公演詳細|
[日時]
2020年
4月4日(土)17:30~
4月5日(日)13:00~
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前
※上演時間75分予定
※未就学児の入場はできません

両日とも終演後に座談会あり

[会場]神戸アートビレッジセンター KAVCホール

[料金]
前売 1,200円、当日 1,500円

〈ご入場に関して〉
当日、受付順に整理番号を発行いたします。
開場時に番号の呼び出しを行いますので、その順でのご入場となります。

 

[予約]

TEL:078-512-5500(神戸アートビレッジセンター)

 

[キャスト・スタッフ]
作・演出:相澤一成
出演:藤原貢(劇団やんま)、武内典子(劇団ひとりっこ)、知野雅樹、なかじょうのぶ(劇団三ヵ年計画)、丹野久美子(劇団I.Q150)、絵永けい(演劇ユニット石川組)、松崎太郎、白鳥英一(劇団鳥や)、永澤真美、真田鰯、佐藤心優(MOCモデルエージェンシー)、佐藤知子

照明プラン:松崎太郎(アトリエミセイ)
照明オペレーション:柴成美
チラシデザイン:三澤一弥
製作:伊藤み弥(ファミリーツリー製作委員会)

 

主催|ファミリーツリー製作委員会
WEB:https://narinari55nari.wixsite.com/familytree
MAIL:familytree.hiyoriyama@gmail.com
共催|神戸アートビレッジセンター[指定管理者:(公財)神戸市民文化振興財団]
後援|(公財)仙台市市民文化事業団

この記事をシェアする

ジャンル

開催場所