Cinema シネマ情報

ウィーン国立歌劇場2020 in CINEMA『トスカ』

上映期間
2022.2.7(月) - 2022.2.11(金)
上映スケジュール
2月7日(月)10:45〜
2月11日(金・祝)10:45〜
料金
一般 3,000円、学生 2,000円
上映分
132分
制作年 / 国
2020年/オーストリア
演出
マルガレーテ・ヴァルマン
出演
アンナ・ネトレプコ、ユシフ・エイヴァゾフ、ヴォルフガング・コッホ ほか
公式サイトURL
https://gaga.ne.jp/tosca/

KAVCシネマ 特集上映「映像で観る世界の舞台芸術特集」
関西演劇をはじめ、世界の有名な劇場で上演された最高峰の舞台芸術を映像に収めた作品を特集上映します。

ウィーン国立歌劇場 『トスカ』
上演日時:2020年12月
会場:ウィーン国立歌劇場

オペラの殿堂ウィーン国立歌劇場の公演が、日本初の劇場公開!
不朽の名作「トスカ」を、オペラの女王アンナ・ネトレプコが熱演!
スカラ座、メトロポリタン歌劇場と共に、世界三大歌劇場の一つであり、最高峰のオペラ座と謳われるウィーン国立歌劇場。世界でも最大のレパートリーを誇り、9月から6月のシーズン中は、50以上の演目が、毎日日替わりで行われ、その数は300回を越える。2013年よりライブストリーミングサービスを行っているが、今回、日本の映画館に待望の初上陸。
演目は、2020年12月に上演された『トスカ』。作曲家プッチーニの大傑作であり、同劇場で600回以上、上演されている不朽の名作である。主演のトスカを演じたのは、オペラ界の女王、アンナ・ネトレプコ。嫉妬深く、感情豊かなトスカを熱演し、名曲『歌に生き、恋に生き、』では、圧倒的な演技力と歌声を、劇場に轟かせた。トスカの恋人役のカヴァラドッシ役には、ネトレプコの実の夫でもあるユシフ・エイヴァゾフ。トスカと違い、気弱で繊細な役を好演し、終盤の見どころである名アリア『星は光りぬ』 では、悲壮感に満ちた見事な歌声を響かせた。ネトレプコとエイヴァゾフによる、ぴったりと息の合った二重奏にも注目だ。

©Wiener Staatsoper / Michael Pöhn

この記事をシェアする