Cinema シネマ情報

無頼

上映期間
2021.4.17(土) - 2021.4.30(金)
上映スケジュール
上映スケジュールは決まり次第、トップページ「Cinema schedule」に掲載いたします。
監督
井筒和幸
出演
松本利夫(EXILE) 柳ゆり菜 中村達也 ラサール石井 小木茂光 木下ほうか 升毅
上映分
146分
制作年 / 国
2020年/日本
主題歌
泉谷しげる「春夏秋冬〜無頼バージョン」
配給
チッチオフィルム
配給協力
ラビットハウス
公式サイトURL
https://www.buraimovie.jp/

あぶれ者たちの群像劇を通して逆照射される、もう一つの昭和史
正義を語るな、無頼を生きろ。

社会から頭を抑えつけられ、飢えや冷たい眼差しに晒されながらも、何にも頼らず、ただ己の内なる掟に従って、真っ直ぐに生きた一人の男。やがて彼は一家を構え、同じような境遇のはみ出し者たちを束ねて、命懸けの裏社会を駆け上がっていく──。衝撃の一般映画デビュー作『ガキ帝国』(81)から、『パッチギ!』(05)、『ヒーローショー』(10)、『黄金を抱いて翔べ』(12)など近年の話題作まで、さまざまなアウトサイダーたちの奮闘を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督。その8年ぶりとなる新作『無頼』は、貧困や出自ゆえ社会からはじき出されたあぶれ者たちが織りなす群像活劇だ。

主人公はいわば、誰もが“欲望の資本主義”を追いかけた戦後日本そのもの。敗戦直後の動乱期から所得倍増、奇跡の高度経済成長、政治の季節やオイルショック、さらにはバブルの狂騒と崩壊まで──。激しく変転を続けた昭和という時代のリアルな姿が、世間という“良識の監獄”の外側を生き抜いたヤクザ者たちの生き様を通し、いわば裏面から鮮やかに照らし出される。システムの外に置かれた無頼の徒たちをときに冷徹、ときに共感に満ちた視線で描き続けてきた井筒監督の、真骨頂にして集大成。実際の事件、社会風俗などがふんだんに盛り込まれた、もう一つの戦後史と言ってもいい。

物語の中心人物となる井藤正治を演じるのは、現在、俳優としてテレビ・舞台で活躍する松本利夫(EXILE)。持ち前の存在感で、独立独歩の境遇を生きるアウトローの気概と矜持、哀歓を体現した。その妻・佳奈には、映画『純平、考え直せ』(18)のヒロインに抜擢されるなど、女優としての活躍も目覚ましい柳ゆり菜。体当たりの演技で、夫を盛り立てつつ決して自分も失わない腰の据わった女性を熱演している。他にも木下ほうか、ラサール石井、升毅、小木茂光、隆大介、外波山文明、フォークシンガーの三上寛、日本屈指のドラマーとして名高い中村達也など実力派が脇を固め、さらにはオーディションで選ばれた総勢400余名の俳優陣が、練達の井筒演出のもと、全身全霊の芝居をぶつけ合った。さらに本作のために、泉谷しげるが自らの代表曲「春夏秋冬」の“無頼バージョン”をセルフカバー。酸いも甘いも噛み分けた渋い歌声が、スクリーンに深い陰影を与えている。

〈ストーリー〉
太平洋戦争に敗れ、貧困と無秩序の中にいた日本人は、焼け跡から立ち上がり(理想の時代)、高度経済成長の下で所得倍増を追い(夢の時代)、バブル崩壊まで欲望のままに生き(虚構の時代)、そして、昭和が去ると共に、その勢いを止めた。その片隅に、何にも頼ることなく、一人で飢えや汚辱と闘い、世間のまなざしに抗い続けた“無頼の徒”がいた。やがて男は一家を構え、はみだし者たちを束ねて、命懸けの裏社会を生き抜いていく……。過ぎ去った無頼の日々が今、蘇える。正義を語るな、無頼を生きろ!

©2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム

基本料金
一般 ¥1,700
学生(大学・専門学生)
※学生証のご提示が必要となります。
¥1,400
学生(高校・中学・小学生)
※高校生以上の方は、学生証のご提示が必要となります。
¥1,000
シニア(60歳以上)
※年齢確認ができるもの(運転免許証等)のご提示が必要となります。
¥1,100
夫婦50割引(どちらかが50歳以上)
※年齢確認ができるもの(運転免許証等)のご提示が必要となります。
ご夫婦で¥2,200
かぶっクラブ会員
※かぶっクラブ会員証のご提示が必要となります(ご購入はご本人様分に限ります)。
¥1,300
障がい者割引
※障がい者手帳のご提示が必要となります。
※付き添いの方は1名様まで¥1,000でご鑑賞いただけます。
¥1,000
特別鑑賞料金
モク割サービスデイ(毎週木曜日) ¥1,100
チケット販売について
  • チケットは1Fインフォメーションにて販売しております。(当日券のみ)
  • 各作品入れ替え制です。各作品につき、お一人様1枚のチケットが必要です。
  • 料金は上映作品によって異なる場合がございます。
  • 特別興行の際は料金変更、割引適用外の場合がございます。
  • 精算後の割引はお受付いたしかねますので、ご了承ください。

その他の内容については、神戸アートビレッジセンター(078-512-5500)までお問い合わせください。

この記事をシェアする