Cinema シネマ情報

隣の影

上映期間
10.12(土) - 10.25(金)
監督
ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン
出演
ステインソウル・フロアル・ステインソウルソン、エッダ・ビヨルグヴィンズドッテル、シグルズール・シーグルヨンソン
上映分
89分
制作年 / 国
2017/アイスランド・デンマーク・ポーランド・ドイツ
公式サイトURL
https://rinjin-movie.net-broadway.com/

その狂気は一本の木の“影”から始まった――
北欧ニューウェーブが送り出す、衝撃のブラック・サスペンス

アイスランドのとある街でごく普通のマンション暮らしをしているアトリ(ステインソウル・フロアル・ステインソウルソン)とアグネス(ラウラ・ヨハナ・ヨンズドッテル)の夫婦生活は、ある日突然崩壊した。パソコンに保存しておいた元恋人とのセックス動画を自宅で密かに鑑賞していたアトリが、絶対に見られてはならないその姿をアグネスに目撃されてしまったのだ。妻から露骨な侮蔑の眼差しを向けられ、「今すぐ出て行って」と告げられたアトリは、郊外の住宅地に居を構える年老いた両親、インガ(エッダ・ビヨルグヴィンズドッテル)とバルドウィン(シグルズール・シーグルヨンソン)のもとに転がり込む。

その一見すると平和を絵に描いたような実家でも、小さな諍いが生じていた。インガとバルドウィンの家の庭に根づいた大きな木が日差しをさえぎり、隣家のポーチに影がかかっているのだ。その影にストレスをため込んだ隣人の中年夫婦、エイビョルグ(セルマ・ビヨルンズドッテル)とコンラウズ(ソウルステイン・バックマン)からクレームをつけられたバルドウィンは、庭師を呼んで木の手入れをすることに。ところが妻インガは「あの木には触らせない」と反対し、日光浴やサイクリングで自分磨きに余念がないエイビョルグに犬のフンを投げつける。

翌日、バルドウィンが外出しようとすると、車の4つのタイヤすべてが何者かによってパンクさせられていた。インガは隣人夫婦の仕業だと断定。それを裏付ける証拠はどこにもなかったが、2組の夫婦はこの一件で激しくいがみ合い、温厚なバルドウィンもタイミング悪くやってきた庭師を追い返してしまう。その後も庭の花壇が荒らされていることに気づいたエイビョルグは不信を募らせ、インガは防犯カメラを設置して隣人の監視を開始する。こうして両家の対立はじわじわと深刻化していった。

一方、アトリとアグネスの夫婦関係も険悪化の一途をたどっていた。アグネスの勤務先に押しかけて騒動を起こした揚げ句、4歳のひとり娘アウサを幼稚園から連れ出したアトリは、自業自得でどんどん不利な立場に追いやられていく。ついにはアグネスが離婚を決意し、アウサの親権も失いかねないと知ったアトリは、「俺を赦してくれないか?」と妻に懇願する。しかしアグネスの返事は「今は赦せない。いつ赦せるかもわからない。感情的に裏切られたからよ」とけんもほろろで取りつく島がなかった。

その頃、インガが愛情を注いでいるペットの猫が忽然と姿を消した。防犯カメラの映像をチェックしても、怪しい人影は映っていない。インガとバルドウィンは、チェーンソーを所持しているコンラウズに木を切断されるのではないかと警戒心を強め、やむなく息子のアトリが庭のテントで寝泊まりして監視役を務めることに。そんな折、バルドウィンはアグネスのもとを訪ね、このところアトリが無気力になっていたことを聞かされる。実はバルドウィンとインガの長男で、アトリの兄であるウッギが自殺した過去が、一家の日常に不吉な影を落としていた。

やがて愛猫の失踪がウッギの死を思い起こさせたのか、いっそう情緒不安定になったインガは隣人への怒りを募らせ、ある信じがたい行動に出る。しかしそれは新たな憎悪を呼び、取り返しのつかない災いを招き寄せる行為だった……

 

関連トークイベント開催決定!
神戸在住の映画好きゲスト3人が、映画『隣の影』を肴に好き勝手に話します!

今回の上映を記念して、神戸在住の映画好きゲスト3人が、映画『隣の影』を肴に好き勝手に話すトークイベントの開催が決定。北欧サスペンスを存分に満喫できるこの機会をお見逃しなく!

ゲスト:
安田謙一(ロック漫筆家)
和久田善彦(ぴあ株式会社 編集者)
森本アリ(旧グッゲンハイム邸 管理人)

※トークは40分程度を予定しております。詳細はこちらから

 

2017©️Netop Films. Profile Pictures. Madants
配給:ブロードウェイ

基本料金
一般 ¥1,700
学生(大学・専門学生)
※学生証のご提示が必要となります。
¥1,400
学生(高校・中学・小学生)
※高校生以上の方は、学生証のご提示が必要となります。
¥1,000
シニア(60歳以上)
※年齢確認ができるもの(運転免許証等)のご提示が必要となります。
¥1,100
夫婦50割引(どちらかが50歳以上)
※年齢確認ができるもの(運転免許証等)のご提示が必要となります。
ご夫婦で¥2,200
かぶっクラブ会員
※かぶっクラブ会員証のご提示が必要となります(ご購入はご本人様分に限ります)。
¥1,300
障がい者割引
※障がい者手帳のご提示が必要となります。
※付き添いの方は1名様まで¥1,000でご鑑賞いただけます。
¥1,000
特別鑑賞料金
モク割サービスデイ(毎週木曜日) ¥1,100
チケット販売について
  • チケットは1Fインフォメーションにて販売しております。(当日券のみ)
  • 各作品入れ替え制です。各作品につき、お一人様1枚のチケットが必要です。
  • 料金は上映作品によって異なる場合がございます。
  • 特別興行の際は料金変更、割引適用外の場合がございます。
  • 精算後の割引はお受付いたしかねますので、ご了承ください。

その他の内容については、神戸アートビレッジセンター(078-512-5500)までお問い合わせください。

この記事をシェアする