Cinema シネマ情報

新春!ニッポンの喜劇映画セレクション第二弾

上映期間
1.12(土) - 1.18(金)
料金
一般1100円、かぶっクラブ900円、三回券3000円(当日券のみ) ※12日特別興行は料金が異なります。
監督
斎藤寅次郎、安田公義、市村泰一、的井邦雄、古川禄波、番匠義彰、野村芳太郎、瀬川昌治
出演
大村崑、横山エンタツ、芦屋雁之助、榎本健一、森繁久彌、ハナ肇、植木等、倍賞千恵子、由美かおる、財津一郎、ドリフターズ、ミヤコ蝶々、キャンディーズほか

お待たせしました!!
2018年お正月に上映し好評を得たシリーズの第二弾!

今回はさらに喜劇役者を揃え、古今東西の喜劇役者による喜劇映画をドーンと一挙に大放出!!
1月12日(土)は、ゲストに、なんと!大村崑さんを迎えてイベントを開催します。
アチャコがボケる、浪花千栄子が突っ込む!クレージーにコント55号が大騒ぎ!
16ミリフィルムでの貴重な上映もあります。
平成最後のお正月は、懐かしさ・おもしろさ満載の喜劇映画で大爆笑!!

 

特別企画『大村崑トークショー』
『番頭はんと丁稚どん』『頓馬天狗』で当時子供たちからも絶大な人気をほこり、今なお活躍中の崑ちゃんこと大村崑さんが幼少期を過ごしたここ新開地にやってきます。撮影当時の様子などおもしろエピソードを交えながらの楽しいトークショー。ご本人出演の抱腹絶倒2作品とともにお楽しみいただきます。
日時:
1月12日(土)
13:00 挨拶
13:15 『喜劇 団地親分』上映
14:50 トークショー(約30程度)
15:40 『続 番頭はんと丁稚どん』

料金:
通し券前売2000円、当日2200円、かぶっクラブ1800円(前売・当日とも)
一作品当日1200円、かぶっクラブ1000円
※通し当日券は12:00より、一作品当日券は、12:45より販売します。
※映画は整理番号順に入場となります。※トーク終了後入替あり(通し券お持ちの方より再入場)
© ㈱こんプロダクション

 

上映作品:
「お父さんはお人好し」(1955/85分/KADOKAWA/16ミリ)
長沖一の人気連続ラジオドラマを喜劇の神様、斎藤寅次郎が監督した花菱アチャコと浪花千栄子の代表作!
13人の子供たちが引き起こす涙と笑いのテンヤ、ワンヤの人情喜劇!人気タレント堺正章のお父さん、堺駿二も良い味だしてるこの作品。なんといっても16ミリフィルムでの上映は必見!!
監督:斎藤寅次郎
出演:花菱アチャコ、浪花千栄子、堺駿二

 

「待って居た象」(1949/81分/KADOKAWA/16ミリ)
企画一押しの作品。漫才の元祖『早慶戦』でおなじみの横山エンタツのとぼけたボケと柳家金語楼と繰り広げるドタバタ喜劇は必見!!戦争中の動物園の悲しき現状を舞台に繰り広げられる笑いはともすれば不謹慎となる怖さがあるが、そこはのちに黒澤映画の脚本チームのまとめ役となった小国の脚本で見事に成立。
資料的価値あるこの珠玉の一品をぜひこの機会にお見逃しなく!!
監督:安田公義 脚本:小国英雄
出演:横山エンタツ、柳家金語楼

 

「喜劇 団地親分」(1962/82分/松竹/35ミリ)
関西の喜劇役者をはじめ、日本の喜劇界を支えた錚々たるメンバーが勢ぞろい。
関東勢からは、脱線トリオの由利徹・南利明、三木のり平にトニー谷。
関西勢からは、かしまし娘、ミスワカサ、ミヤコ蝶々と女性陣が目白押し。
喜劇人名鑑のような喜劇役者総出演のこの作品。
ストーリーはもちろんのこと、何人気づくことができるか探すのも楽しみ方の一つ!
監督:市村泰一 脚本:花登筐
出演:大村崑、伴淳三郎、榎本健一、ミヤコ蝶々、森繁久彌、渥美清、曽我廼家明蝶

 

「続 番頭はんと丁稚どん」(1960/79分/松竹/35ミリ)
崑ちゃんの大ヒット作。おばけ番組と言われた高視聴率番組の映画版の第二弾。
前回の喜劇映画特集でシリーズ第一弾を上映して大好評。今回は喜劇王エノケンも出演!!
未DVD化の今作もぜひお見逃しなく!!
監督:的井邦雄 原作:花登筐
出演:大村崑、芦屋小雁、芦屋雁之助、浪花千栄子、榎本健一

 

「百万ドルの明星 陽気な天国」(1955/73分/日活/デジタル)
海沿いの温泉町を背景に歌と恋とを織り交ぜて明るく、温かい人情の世界を描く甘辛喜劇の決定版!
流行歌手近江俊郎が自ら製作主演し、日本を代表するコメディアン古川ロッパが出演・脚本・監督を担当した第一回監督作品。作曲家古賀政男も本人役で登場。
ニセ古賀政男に扮する軽薄でお調子者の若き日の森繁も見どころ。パロディや皮肉の利いたロッパの脚本に注目。
監督:古川禄波
出演:近江俊郎、森繁久彌、三木のり平、古川禄波

 

「クレージーの花嫁と七人の仲間」【『乱気流野郎』改題】(1962/86分/松竹/35ミリ)
クレージーキャッツ初主演作品。松竹お得意の明朗喜劇「花嫁」シリーズでおなじみ番匠義彰監督との融合作品。赤坂にあるすし屋「にしき」を舞台にてんやわんやの大騒ぎ。
ザ・ピーナッツ、中尾ミエなどナベプロのスターも集結!!
東宝クレージーとは一味違った松竹クレージーをお楽しみください!
監督:番匠義彰 原案:青島幸雄
出演:ハナ肇、植木等、倍賞千恵子、伴淳三郎

 

「コント55号とミーコの絶体絶命」(1971/88分/松竹/35ミリ)
コント55号全盛期に撮られた野村芳太郎監督とタッグを組んだ6作目。
ケチケチ兄貴と楽天家の弟。市役所「なんでもやる課」の二人が美女に囲まれ大ピンチ!
監督:野村芳太郎
出演:コント55号(坂上二郎・萩本欽一)、由美かおる、財津一郎

 

「正義だ!味方だ!全員集合!!」(1975/95分/松竹/35ミリ)
ドリフターズ主演の「全員集合シリーズ」第16作目にして松竹ドリフ映画最後の作品。
全員集合のコントでおなじみのキャンディーズも登場!ファン必見!!
伝説の「土8戦争」がKAVCで再び起こる!?かつて土曜の8時に起こったコント55号とドリフターズのテレビ視聴率争い「土8戦争」でこれまでお茶の間の寵児だったコント55号が破れ、ドリフターズが勝利。今回この企画ではどちらの作品に軍配があがるのか。ぜひ両作品を観て勝敗を決めてみては?
監督:瀬川昌治
出演:ドリフターズ、金子信雄、榊原るみ、ミヤコ蝶々、キャンディーズ

この記事をシェアする