Cinema シネマ情報

上映終了しました

秋の子ども向け特集上映 「なまいきチョルベンと水夫さん」「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」

上映期間
9.21(金) - 9.24(月)
上映スケジュール
9.21(金)13:00「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」
9.22(土)13:00「なまいきチョルベンと水夫さん」
9.23(日)13:00「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」
9.24(月・祝)13:00「なまいきチョルベンと水夫さん」
料金
一般1200円、かぶっクラブ1100円 、中学生以下600円、KOBE CINEMA PORTフェス共通チケット使用の場合、一般チケット2枚、中学生以下1枚

文化の秋に、親子で映画を鑑賞しよう!

神戸アートビレッジセンターでは、この秋、子ども向け特集上映「なまいきチョルベンと水夫さん」「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」を開催します。
「なまいきチョルベンと水夫さん」は、「長くつ下のピッピ」で知られるスウェーデンの人気児童文学作家 アストリッド・リンドグレーンの原作「わたしたちの島で」が原作です。
のどかな島で繰り広げられる、子どもたちとアザラシの交流を描くハートフルストーリーになります。
「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」は、「アンジュール ある犬の物語」などでも知られるベルギーの絵本作家 ガブリエル・バンサンの代表作「くまのアーネストおじさん」シリーズを映画化したフランス製の美しい長編アニメーションになります。文化の秋に、親子で一緒に映画をお楽しみください。
※〈KOBE CINEMA PORT フェス2018〉対象作品
上映作品:
「なまいきチョルベンと水夫さん」(1964年/スウェーデン/92分)
監督:オッレ・ヘルボム
出演:マリア・ヨハンソン、クリスティーナ・イェムトマルクほか
あらすじ:ここはスウェーデン、避暑地のウミガラス島。大きな笑顔と大きなおしり、ときに大人もたじたじとなる少女らしからぬ少女チョルベンは、愛犬”水夫さん”といつも一緒。ある日チョルベンは、漁師からアザラシの赤ちゃんをもらいます。モーセと名付けたそのアザラシを、友だちのスティーナやペッレと一緒に飼い始めますが、モーセに夢中のご主人様に愛犬の水夫さんは寂しそう。そんなとき、一度はチョルベンにあげたアザラシが高値で売れると知った漁師は、チョルベンたちから奪い返そうとし、さらには水夫さんがある事件に巻き込まれ…。はたしてチョルベンたちはアザラシの赤ちゃんを守り、水夫さんを救うことができるのでしょうか?!ぽっちゃりチョルベン、すきっ歯スティーナ、わんぱくペッレが仕掛ける、ひと夏の大作戦!美しい北欧の景色や洗練されたインテリアやファッションにも注目!


© 1964 AB SVENSK FILMINDUSTRI ALL RIGHTS RESERVED
「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」(2012年/フランス/80分)
監督:バンジャマン・レネール、ステファン・オビエ、バンサン・パタール
解説:ずんぐりと太ったくまのアーネストおじさんは、地上に住み、いつもおなかを空かせている貧乏なくま。気難し屋だけれど心優しい音楽家の彼は、ある日おなかをすかせてゴミ箱をあさっていると、ゴミ箱の中で眠っているかわいいねずみの女の子、セレスティーヌを見つけました。彼女は、アーネストにお菓子屋さんの倉庫にもぐりこむ道を教えてあげます。ふたりの間にはふしぎで、あたたかく、恋人のような親子のような友情が芽生え、おたがいが大事な存在になっていきます。やがてふたりの出会いがきっかけで、くまの世界とねずみの世界が大騒ぎに…。くまのアーネストおじさんとセレスティーヌの冒険は、どうなりますことやら…。絵本作家ガブリエル・バンサンの美しい水彩画を背景に、絵本シリーズのエッセンスがちりばめられた“絵本映画”。世界のどこかでかなしいことがおこっている今だからこそ、多くの人に伝えていきたい愛あふれる名作。


© 2010 Les Armateurs -Maybe Movies – La Parti – Mélusine Productions – STUDIOCANAL – France 3 Cinéma – RTBF

この記事をシェアする