Cinema シネマ情報

上映終了しました

ラスト・ワルツ

上映期間
6.9(土) - 6.22(金)
上映スケジュール
6.9(土)14:50、10(日)14:25、11(月)、13(水)-14(木)14:50、15(金)14:25
6.16(土)-17(日)10:30、18(月)、20(水)-21(木)17:35、22(金)10:30
料金
一般1700円、学生1400円、シニア1100円
監督
マーティン・スコセッシ
出演
リック・ダンコ、レボン・ヘルム、ガース・ハドソン、リチャード・マニュエル、ロビー・ロバートソン(ザ・バンド)
上映分
117分
制作年 / 国
1978年/アメリカ/配給:ブロードウェイ、アダンソニア
公式サイトURL
https://lastwaltz.net-broadway.com/

マーティン・スコセッシが監督した伝説のライブ・ドキュメンタリーが
40年の時を超えて、大音響リマスター映像で蘇る!

 

1976年11月25日、のちに伝説のライブと言われる「ラスト・ワルツ」というザ・バンドの解散ライブが行われた。
会場となったのはサンフランシスコのウィンターランド。
ライブには、ザ・バンドがバックバンドをつとめたこともあるボブ・ディランをはじめ、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、マディ・ウォーターズ等、音楽史に大きな足跡を残した偉大なミュージシャンたちが次々と現れ、ザ・バンドと競演。
そんなロックファン垂涎の二度と実現不可能な、一夜限りの贅沢で華麗なロック・フェスティバルがスクリーンに甦る!

製作はバンドの中心人物、ロビー・ロバートソンで、スコセッシ作品の音楽センスに惚れ込んで監督を依頼。
スコセッシは『タクシー・ドライバー』の名手マイケル・チャップマンを中心に、ラズロ・コヴァックス、ヴィルモス・ジグモンド等、7人の撮影監督を巻き込むことで、臨場感あふれるステージの映像化に成功している。舞台美術と照明は『ウエストサイド物語』でオスカー受賞の大ベテラン、ボリス・レヴェンが担当。超一流のスタッフが揃うことで、ハイクオリティが実現し、時代を超えて語り継がれる“永遠の傑作”が誕生した。
(C)2018 Metro-Goldwyn-Meyer Studios Inc. All Rights reserved.

基本料金
一般 ¥1,700
学生(大学・専門学生)
※学生証のご提示が必要となります。
¥1,400
学生(高校・中学・小学生)
※高校生以上の方は、学生証のご提示が必要となります。
¥1,000
シニア(60歳以上)
※年齢確認ができるもの(運転免許証等)のご提示が必要となります。
¥1,100
夫婦50割引(どちらかが50歳以上)
※年齢確認ができるもの(運転免許証等)のご提示が必要となります。
ご夫婦で¥2,200
かぶっクラブ会員
※かぶっクラブ会員証のご提示が必要となります(ご購入はご本人様分に限ります)。
¥1,300
障がい者割引
※障がい者手帳のご提示が必要となります。
※付き添いの方は1名様まで¥1,000でご鑑賞いただけます。
¥1,000
特別鑑賞料金
モク割サービスデイ(毎週木曜日) ¥1,100
チケット販売について
  • チケットは1Fインフォメーションにて販売しております。(当日券のみ)
  • 各作品入れ替え制です。各作品につき、お一人様1枚のチケットが必要です。
  • 料金は上映作品によって異なる場合がございます。
  • 特別興行の際は料金変更、割引適用外の場合がございます。
  • 精算後の割引はお受付いたしかねますので、ご了承ください。

その他の内容については、神戸アートビレッジセンター(078-512-5500)までお問い合わせください。

この記事をシェアする