Cinema シネマ情報

上映終了しました

危険な関係 ー4Kデジタル・リマスター版ー

上映期間
5.12(土) - 5.25(金)
上映スケジュール
5.12(土)-19(土)10:45
5.20(日)-25(金)12:45
料金
1400円均一
監督
ロジェ・ヴァディム
出演
ジェラール・フィリップ、 ジャンヌ・モロー
上映分
110分
制作年 / 国
1960、1959→2018年/フランス/セテラ・インターナショナル
公式サイトURL
http://www.cetera.co.jp/gp/

ジェラール・フィリップ、ジャンヌ・モロー
フランスの至宝が豪華共演!早すぎた奇跡の傑作が美しく蘇る

 

公開当時、フランスで上映禁止となり海外輸出禁止にもなった問題作が、約60年の時を経て4Kデジタル・リマスター版で蘇る!
裕福かつやり手の外交官バルモンと美貌の若妻ジュリエットの夫妻は、パリの社交界でも目立つ存在。しかし、その裏で実際の二人は、互いの情事の成果を報告し合うことを楽しんでいた。ジュリエットは、愛人だったアメリカ人のコートが18歳のセシルと婚約したことを知り、嫉妬心からバルモンにセシルを誘惑するよう持ちかける。セシルを追って冬のメジェーヴまで来たバルモンは、そこで貞淑な人妻マリアンヌと出会い、彼女を新たな恋の標的と見定める。セシルの純血を奪う一方で、マリアンヌに迫る一部始終をジュリエットに報告するバルモン。あらゆる手段を使って、ついにマリアンヌを手に入れたバルモンだったが、彼女の慎ましさと一途な愛情に今までにない感情を抱くようになっていた。そんな彼の目の前でジュリエットは冷酷にもバルモンの名でマリアンヌへ一方的な別れの電報を打ってしまい…。

原作の舞台を1960年代パリの上流社会に置き換え、フランス映画史上に燦然と輝き続ける名優ジェラール・フィリップ、フランス映画界を象徴する大女優として深く愛されジャンヌ・モローの豪華共演。外交官夫妻の共犯的心理と退廃的な官能美をスタイリッシュなモノクローム映像で描き、更に、ピアノの最高峰セロニアス・モンク、爆発的な人気を誇ったアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ等によるモダン・ジャズナンバーが全編を盛り立てる。
© 1960 – TF1 DROITS AUDIOVISUELS

 

初日プレゼント決定!
5.12(土)上映初日に、『赤と黒』のジェラール・フィリップ マグネットをプレゼントします。
数に限りがございますので無くなり次第終了となります。

 

基本料金
一般 ¥1,700
学生(大学・専門学生)
※学生証のご提示が必要となります。
¥1,400
学生(高校・中学・小学生)
※高校生以上の方は、学生証のご提示が必要となります。
¥1,000
シニア(60歳以上)
※年齢確認ができるもの(運転免許証等)のご提示が必要となります。
¥1,100
夫婦50割引(どちらかが50歳以上)
※年齢確認ができるもの(運転免許証等)のご提示が必要となります。
ご夫婦で¥2,200
かぶっクラブ会員
※かぶっクラブ会員証のご提示が必要となります(ご購入はご本人様分に限ります)。
¥1,300
障がい者割引
※障がい者手帳のご提示が必要となります。
※付き添いの方は1名様まで¥1,000でご鑑賞いただけます。
¥1,000
特別鑑賞料金
モク割サービスデイ(毎週木曜日) ¥1,100
チケット販売について
  • チケットは1Fインフォメーションにて販売しております。(当日券のみ)
  • 各作品入れ替え制です。各作品につき、お一人様1枚のチケットが必要です。
  • 料金は上映作品によって異なる場合がございます。
  • 特別興行の際は料金変更、割引適用外の場合がございます。
  • 精算後の割引はお受付いたしかねますので、ご了承ください。

その他の内容については、神戸アートビレッジセンター(078-512-5500)までお問い合わせください。

この記事をシェアする