Cinema シネマ情報

あしたはどっちだ、寺山修司

上映期間
3.10(土) - 3.23(金)
料金
一般1700円、学生1400円、シニア1100円、かぶっクラブ1300円
監督
相原英雄
出演
寺山修司、九條今日子、河田悠三、かわなかのぶひろ、京武久美 ほか
上映分
100分
制作年 / 国
2017年/日本/配給:プレイタイム
公式サイトURL
http://www.planet-e.co.jp/ashitahadocchida/

時代を挑発し47歳の若さでこの世を去った、
異端のマルチクリエーター寺山修司。その壮絶な人生の全貌に迫る。

体制に迎合しない異端児、言葉の錬金術師、扇動者、アナーキストなどと呼ばれ、常にスキャンダルを生み出し、時代を挑発した過激なマルチクリエイター寺山修司。
映像作品23本、著作189冊、戯曲30本以上、作詞600曲、競馬のエッセーを書き、写真家でもあった。そのエネルギーは60・70年代の既成概念を次々と破壊した。価値観を転倒させ、あらゆる常識を打ち破ったエネルギーは、閉塞感漂う現代に刺激を与え続け、今でも、多くのクリエイターや映画監督、若者たちに影響を与え続けている。
父の戦死、母との別居、偏見にさらされた孤独な子供時代・・・と、謎の多いその生涯。
時代の寵児となっても、その創作活動は常にセンセーショナルに扱われ、主宰する演劇実験室天井棧敷では、演劇による革命を標榜し、差別される側に自ら身を置いた。
寺山が亡くなる直前にたくらんだ恐るべき実験。そこには、寺山修司の最後のメッセージが隠されていた。
人生を虚構で塗り固めた寺山修司の真実に迫るドキュメンタリー。

この記事をシェアする