Cinema シネマ情報

夜間もやってる保育園

上映期間
12.9(土) - 12.22(金)
料金
一般1700円、学生1400円、シニア1100円※かぶっクラブ会員割引、障がい者割引適用あり
監督
大宮浩一
上映分
111分
制作年 / 国
2017年/日本/配給:東風
公式サイトURL
http://yakanhoiku-movie.com

映画が映し出す、制度や数字からだけでは
知ることのできない豊かな現実

少子化が進むいっぽうで大きな社会問題になっている待機児童。国と自治体にとって喫緊の課題ですが、認可夜間保育園の数は全国で約80。夜間に子どもを預けてまで働く親と夜間保育園への偏見や批判も多くあります。だからいま、いっしょに考えてみませんか?
新宿歌舞伎町に隣接する大久保で24時間保育を行う「エイビイシイ保育園」では、完全オーガニックの給食による食育や多動的な子どもたちへの療育プログラム、卒園後の学童保育など、独自の試行錯誤をつづけていました。さらに北海道、新潟、沖縄の保育現場を取材しました。
監督は『ただいま それぞれの居場所』で介護福祉現場のいまを鮮やかに描いた大宮浩一。さまざまな事情で子どもを預ける親や保育士たちの葛藤やよろこび。すくすくと育つ子どもたちの笑顔や寝顔や泣き顔…。知られざる夜間保育の現場から、家族のありかた、働きかた、いま私たちが暮らしているこの社会のかたちを照らします。

(C) 夜間もやってる製作委員会

この記事をシェアする