トライやるウィーク最終日です。
トライやるの生徒たちは本日も朝から頑張りました。

午前中、近隣の小学校から小学5年生が図工の課外授業で新開地本通にスケッチに来ました。
来月にKAVCギャラリーで行われる「NEW OPEN AREA」では小学生が自分のまちを作品にして展覧会を行います。

トライやる生には、少し上のお兄さん・お姉さんとして小学生の見守りや絵の指導補助をしてもらいました。初めは小学生との距離を難しくしていたトライやる生でしたが、少しづつ声をかけたり、絵を観察して自分なりに意見を言ってみたりと良い感じで打ち解けていました。
ほんとうに頼もしくなりました。

p1040766
p1040765

一息つき、次はこの一週間、監視・案内役をやってもらった展覧会「1floor2016 「
『何かの奇遇』」のギャラリーツアー。
美術担当から改めてこの展覧会の見どころなどの説明を受け鑑賞しました。
質問もたくさんして展覧会への理解を深めます。
作家のこだわりや展覧会のポイントなどいろいろと自分自身で考えながら鑑賞し、鑑賞レポートを仕上げました。
みんなの鑑賞レポートは展覧会会場に閲覧できるように設置していますので、展覧会とあわせてぜひご覧ください。

dsc_6754

早かったものでもう今年のトライやるウィークは終わりです。
最後の業務は毎週金曜日にあるドラムのワークショップの設営準備とドラム体験です。
トライやる生は振り返ってみて、様々な芸術体験ができる当センターはいかがだったでしょうか。
自分の過去も振り返り、貴重な経験になったなとか、関心が持てたなとか、楽しんでもらたなら幸いです。

dsc_6768

(地域事業アシスタント O)