今年もトライやるウィークの時期がやってきました。
神戸アートビレッジセンターでは市内5校10名の中学生が職業体験にいらっしゃいました。

トライやるスタッフの初めての業務は開館作業。
早速、出勤してからの僅かな時間で除湿機の点検やチラシの整理、映像モニターの再生、自動扉のオープンを手際よく行います。

dsc_6615

無事開館作業を完了したら、施設を歩いて見て回りました。
地下1階から地上4 階まである当センターの至る所を副館長の案内のもと回っていきます。
たくさんの部屋を持つセンターを回るのはたいへん!
何階にどういう施設があったか覚えられるかな?

dsc_6628

少し休憩した後、班に分かれてチラシの整理作業を引き続き行ったり、
ギャラリーで開催中の展覧会の監視・案内員の業務を行いました。
普段、美術館やギャラリーに観に行くのとは違って、ギャラリーに来たお客様を迎える立場。
緊張した様子で挨拶も少し大人しめ。知らない人に挨拶をすることは勇気がいりますね。

dsc_6637

昼食休憩をはさんで、本日最後の業務は音楽スタジオの設備体験です。
スタジオにある機材を触ってマイクから声を出したり、エレキギターの音を鳴らしました。
今回のトライやるスタッフは吹奏楽部の生徒も多く、楽器や機材にも慣れている様子。
ドラムや電子ピアノも交えてセッションをし今日の体験は終了です。

dsc_6640

色々な施設を目まぐるしく回った初日だったのでたいへんだったと思います。
それにもかかわらず、みなさん最後までテキパキと動いていたのが印象的でした。
明後日からの職業体験は初日に覚えた業務もたくさんあります。
引き続き、元気よく取り組んでもらえたらうれしいですね。

〈地域事業アシスタントO〉