企画概要


◎企画主旨
神戸アートビレッジセンターでは、当センターの設立主旨である「若手芸術家の育成」の理念に基づいて、若手アーティストやキュレーターの育成支援を目的とした公募企画「1floor( ワンフロア)」を2008 年より開催しています。
Details »

『道の草 公園の壁』の展覧会記録集が完成しました。

2011年8月27日(土)-9月19日(月・祝)まで神戸アートビレッジセンターで開催した若手芸術家・キュレーター支援企画「1floor 2011『道の草 公園の壁』」の展覧会記録集が完成しました。


Details »

9月20日(火) 搬出作業

約三週間の会期に渡った展覧会も無事に終了し、本日は搬出作業を行いました。

Details »

9月19日(月) ゲストトーク

展覧会最終日。
ゲストに美術作家の伊藤存さんと青木陵子さんお迎えしてゲストトークを開催しました。

Details »

1floor2011『道の草 公園の壁』ゲストトーク

神戸アートビレッジセンターでは、8/27(土)から9/19(月・祝)まで開催する展覧会「1floor2011『道の草 公園の壁』」の関連企画として、美術作家の伊藤存氏と、青木陵子氏をお招きしてゲストトークを開催します。
両氏から作品制作や日常生活についてお伺いするとともに、出品アーティストとの対話を繰り広げます。

Details »

9月9日(金) 作家来館

本日は出品作家の二人がそろって会場に来館しました。
水野さんは「新開地ライブプリンティング」のモチーフとなった看板や落書きの写真をシルク作品と並行して新たに展示しました。

Details »

9月4日(日) ワークショップ「新開地ライブプリンティング」

水野さんの出品作品「新開地ライブプリンティング」の制作に挑戦する、ひとつぼワークショップが開催されました。
新開地のまちを取材し看板や壁に描かれた落書きなどを写真撮影、それそトリミングしたイメージをシルクスクリーンでKAVC1Fのガラス面に刷ります。

Details »

8月27日(土) 展覧会初日

展覧会初日。
宮田さんはワークショップ「いどうとしょ感:新開地」を開催。
参加者のみなさんには、自分の言葉を誰かの言葉とつなげて物語を育てる遊び「微分帖」作りに挑戦して頂きました。
1roomにいらっしゃったお客さまをお誘いしながらのアットホーム雰囲気なワークショップとなりました。

Details »

8月26日(金)搬入作業2日目

搬入作業2日目最終日。
水野さんは新開地のまちの看板をモチーフにしたシルクスクリーンの作品「新開地ライブプリンティング」をKAVC1Fのガラス面に制作しました。

Details »

8月25日(木) 搬入作業1日目

搬入作業一日目。
水野さんは作品の梱包をほどいた後、実際に展示空間に作品を配置しながらレイアウトを決定していきました。

Details »